*All archives   *Admin

2018.11.28 (Wed)

今週の出船情報

所用で広島に帰省して、昨日帰ってきました。
さて、今年も残り1か月余り、来月からは第二ふた海丸は陸に上げ、ふた海丸と第三ふた海丸の2艘体制になります。
ヒラメは終了。マガレイはいよいよ浅場で釣れるのは終盤でこれから深場に移動し始めます。

毎年、伝えていますが、越冬に備えて浅場で荒食いして脂がのったマガレイはまさに絶品
かじかむ手で、釣った釣り人にしか味わえない絶品マガレイを是非釣りにいらしてください^^
そろそろ正月用の魚をキープする時期です。

ソイはこれからが旬。春のマガレイが始めるまでソイ釣りは続きます。今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

さて、今週の海の模様ですが、西風とはいえかなり強く、おまけに気温も低いので、今のところ金曜日まで休船の予定です。
週末から週明けにかけて絶好の凪予報なので、マガレイ船とソイ船の2艘で出船したいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
12:22  |  お知らせ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.11.23 (Fri)

お知らせ

お知らせ

本日から27日までこちらでの釣果情報の更新が出来ない可能性があります。
ふた海屋のFBで釣果情報をお確かめくださいm(_ _)m

日曜日は絶好の釣り日和になりそうです。今年初のソイ・ガヤ釣りはいかがですか?お勧めです
午後便も3名以上で出船可能です。マガレイ・ヒラメ・ソイ・アキアジと八雲の海は秋真っ盛りです。どうぞよろしくお願いいたします
08:28  |  お知らせ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.11.20 (Tue)

11月19日釣果

今日は、ソイ・ガヤで出船させていただきました。今年の水温が高くベイトのイワシやサバが多いので体力のある大型のソイはベイトを追いかけているのでなかなか根に付きません^^;

30㎝~40cmの中型はかなり根に付き始めたので、ソイの本番はこれからです。それまではガヤが中心になりますかね~?

DSC_0569.jpg
DSC_0570_20181120064527e64.jpg
DSC_0575_20181120064528fc1.jpg
DSC_0577.jpg

ガヤ中心に中型のソイ、サバ、コマイ、おまけにマガレイと何でもありの沖五目になりました^^ 爆釣です。
今の八雲の海は絶品魚介類の宝庫ですね~

秋マガレイに、寒ビラメ、サバは鉄板の旨さ、ガヤにソイ、そして誰もが唸る八雲の半曲がり、ホタテはこれからが旬、函館に住んで一年、少し離れてみて改めて八雲の食の豊かさを再認識しております。

そんな中で今の一押しはやはりイシモチです。

昨夜は、この前の日に煮付けたイシモチと、一晩寝かせた刺身とあら汁が夕食メニュー。食材費0円^^;

おまけにイシモチは、お客様から強奪したもの^^;

お礼に、絶品お吸い物の釣り方を今日はご紹介します。

①イシモチの下処理は昨日書いた通り、とにかく流水+金束子で、これでもか!ってくらいヌメリをとり石を削ぎ取る。そして刺身ように5枚にさばいた後のアラに多めの塩をまぶし2,30分放置。そうすることで余分な水分が出てきます

IMG_20181119_202332_20181119224236.jpg

②そしたらそこに熱湯を加えて混ぜ混ぜ、その後流水で血合いや汚れを洗い流すのがベストですが、下処理でヌメリを完全にとっているので、イシモチの場合は混ぜ混ぜするだけでかなり綺麗になります。

IMG_20181119_202953_20181119224228.jpg

③次のポイントは煮付けと違い、水から煮ていきます。煮ると言うより出汁をだしていくのですが、水に昆布をいれ、その中に綺麗になったイシモチを投入。弱火から中火でじっくりと加熱していきます。決してグツグツ煮ないでください。身崩れし、お吸いも濁り、出汁もしっかりと出ません。沸騰する頃から灰汁が出てくるので、それを丁寧に取り除き、塩加減を調整してください。間違ってもいきなり沢山の塩は絶対に入れないで、ホント少しづつ入れて好みの濃さに調節してください。

IMG_20181119_203334_20181119224231.jpg

④最後に、日本酒を少々いれて風味UP。量はl好みによりますが、今回はイシモチ2匹(40cm位の)で大匙3杯くらい入れました。
あとはアルコールを飛ばして出来上がり。

本当は木の芽を乗せたところですが、北海道では手に入りにくいので、白髪ねぎをのせて完成です。
病みつきになり事間違いなし。

IMG_20181119_211059_20181119224238.jpg


勿論、主役は

IMG_20181119_211037_20181119224234.jpg

寒ビラメと甲乙付け難い旨さです^^

是非、下処理をしっかりしてイシモチを食べつくして下さい。食べないと本当に後悔しますよー
07:04  |  2018釣果  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.11.19 (Mon)

イシガレイ食べないと後悔します。

マガレイの外道として嫌う人が多いイシモチ(イシガレイ)ですが、関東では高級魚として大変重宝され、北海道から本州にかなり送られていたり、スーパーに並んでいるのを見ると35cmくらいのが1匹700円位で売られていて、何でみんな投げるのか不思議だったのですが、北海道ではイシモチ=刺身って思いこんでいる人や、臭いが嫌いという人が多い。何とももったいない。

これは、イシモチを他のカレイと同じように処理しているからではと思うので、イシガレイの処理を公開しますね。イシモチが好きな方はみんなやってると思うのですが、イシガレイは体表にウロコが無いかわりに厚い皮で覆われています。

この皮から出るヌメリが独特な磯臭さをハッスルのですが、秋から冬にかけてのイシモチはこの臭いが少なく、おまけに子持ちになるのでとにかく今が旬。

マガレイの様に子持ちのなっても水っぽくなることも無く、今のイシモチは刺身やカルパッチョをはじめ煮つけが絶品。最高に旨いです^^

一番肝心なのは、とにかくヌメリを取ること。

IMG_20181118_180008_20181118230251.jpg

オイラの手が大きいので魚が小さく見えます・・・しかし、手まで太ってるな~

①流水を掛けながら金束子で、親の仇を取るくらいのつもり裏も表もこすります。塩をかけてから擦ってもOK。指で触ってキュキュットするくらいまで。洗剤の宣伝みたいですが、決して洗剤をかけないでくださいm(_ _)m
②これが臭いの原因だと思ってる人も少なくありませんが、体表の石を削ぎ取ります。これはウロコが退化したものです。
IMG_20181118_180146_20181118230248.jpg

大きなものは、裏側にも石がある個体も居ます。

ここまでやればあとは他のカレイと同じ。何をして食べても今のイシガレイは絶品です。

でもお勧めは煮つけです。

とにかくプリプリした身は勿論、卵はマガレイより全然旨い。

IMG_20181118_175722_20181118230254.jpg
IMG_20181118_180428_20181118230256.jpg

煮付けるしか無いしょ

IMG_20181119_090521_20181119090643.jpg

オイラの煮つけのレシピは、

酒700cc(水350cc+酒350cc)でもOK。醤油140cc。みりん100cc。砂糖大サジ3。

これを沸騰させて魚を投入~

アルミホイルで落し蓋をしてさらに鍋のふたも閉めて強火で泡が上がるまで待ってから、アルミホイルの膨らみが小さくならない程度に火を少し弱めて、鍋のふたにも少し隙間をつくり、そこから約10分から12,3分煮ます。

その辺の匙加減は感覚です。魚によってや気分によってしっかり煮詰めたいときや、あっさり食べたいとき等々あると思いますので
お好みで^^

ここまでやってまずかったらクレームはお受けいたします^^;

出来れば八雲のイシガレイでお試しあれ~。後悔させません。
09:56  |  魚料理  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.11.18 (Sun)

11月18日釣果

マガレイ爆釣モードに突入^^v

今日は、大会船で2艘、乗り合いで1艘出船させていただきました。
朝イチは狙っていたポイントが川水の影響かスナガレイの活性が高く、マガレイはダウン・・・

そこで、

乗り合いで出船の上村船頭が縦のラインを絞り、ふた海丸で大会船に乗ったオイラは横のラインを絞っていき、9時過ぎに完全にピントがバッチリ合い、あとは釣るのみ。

乗り合い船の皆さんは、最終的にマガレイ7割他イシガレイ、スナガレイ

でクーラー満タン^^v

DSC_0566_20181118184738523.jpg
DSC_0563.jpg
DSC_0562.jpg
DSC_0561.jpg

DSC_0564.jpg

大会の方は、20cm以上のマガレイの総重量、ふた海丸(西原)、第二ふた海丸(鷹羽船頭)の2艘。横取方式で順位を決定のレギュレーションで争いました。

この大会の上位3名は12月の決勝に進出できます。

結果は

優勝  若山選手(苫小牧市)(ふた海丸)  16.32kg
第2位 空井選手(札幌市)(第2ふた海丸) 11.87kg 
第3位 吉村選手(函館市)(ふた海丸) 15.36kg
第4位 岡田選手(苫小牧市)(第2ふた海丸) 8.58kg
第5位 古明地選手(札幌市)(ふた海丸) 13.66kg
第6位 岸田選手(札幌市)(第2ふた海丸) 7.45kg
第7位 太田選手(恵庭市)(ふた海丸) 12.72kg
第8位 斎藤選手(北斗市)(第2ふた海丸)6.20kg

1542534725203_20181118185420.jpg

1542534740975_20181118185427.jpg

見事優勝の若山選手をはじめ、2位の空井選手、3位の吉村選手は、完全にどの大会に出場しても余程の不利が無いかぎり上位に入る実力者達です。誰にでも釣れるカレイですが、総重量や総数勝負だとフロックがなく、上手い人が上位にきます。

3名とも、約10年間釣りを共にし、見てきたので現在に至る過程を方程式を解くがごとく見ることが出来ます。ホント船頭冥利に尽きますね~^^

最近は、あまり竿を出すことが無くなりましたが、今日は船頭をしながら久しぶりにみんなと真剣勝負したくなってしまいました^^;

第二ふた海丸の鷹羽船頭は、今秋から船頭デビュー。初めて船頭として大会に参加し、達人達の技をみて感激し、かなり刺激を受けたようです。暇さえあれば船を降ろし、調査釣りを繰り返す努力家です。

水温が高く、爆釣モードに入るのが遅くなりましたが、これで大丈夫。次のヤマセ迄爆釣が続くはず。この爆釣れを経験してもらってドンドン経験値を高めていけば、必ず良い船頭になりますよ~^^

オイラも負けないように更に頑張ります^^v

マガレイ釣るなら今です。今!
19:36  |  2018釣果  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.11.16 (Fri)

11月16日釣果

今日は、マガレイ船1艘で出船させていただきました。
まずは、今後の事を考えて山越方面から様子をみました。一時不調だった山越方面ですが、昨年の秋から新たなポイントを開拓し、昔の様な良型中心の面白い釣りができていたのですが、港から近いことも有り、港前の根回り同様に船が集中してしまいすっかり魚影が薄くなってきてしまいました。それでも今後の事も考えて、2時間ほどやってみましたが、型は良いものの数は・・・

これではふた海屋のお客さんは納得しないのは百も承知^^; 一気に北に船を走らせました。
移動してからは、実質2時間半くらいしか釣りが出来ませんでしたが、皆さん次々にマガレイを釣り上げ

DSC_0547.jpg
DSC_0549.jpg
DSC_0550_20181116155207394.jpg

一人50枚前後のマガレイを見事に釣り上げていました^^

DSC_0551.jpg


明日は、マガレイ船とヒラメ・マガレイのセット釣り船の2艘で出船します。ヒラメは昨日も少し調査をし、短時間でこの釣果。

46292847_2041385876147256_3938542258051088384_n.jpg

ヒラメ釣りを本格的に初めて2年目ですが、ほぼヒラメの付くポイントや釣り方は手の内に入れてきました。

明日も、ヒラメもマガレイも爆釣りしたいと思います^^;

l※日曜日午後便も出船します。よろしくお願いいたします。
15:58  |  2018釣果  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.11.14 (Wed)

11月14日釣果

今日は、ヒラメ・マガレイのセット釣りで出船させていただきました。
ヒラメは相変わらず絶好調^^ 最大70cm、竿頭さん12枚。

殆どが食べて一番うまい40㎝~50cm。寒ビラメ・・・釣り人の特権ですね^^ こんなの買って食えません^^;

46181762_2040784996207344_6802466707752353792_n.jpg

46160136_2040785066207337_2964934353857019904_n.jpg
46159236_2040785022874008_1652084055446913024_n.jpg

一気に水温が下がりベイトがいなくなるとヒラメの移動してしまうので、ホント今がチャンスです。今週は土曜日にヒラメとカレイのセット釣りで出船予定です。

今シーズンのマガレイは、イシモチの猛攻にあったり、なかなか良型が固まって釣れなかったり水温に振り回されてきましたが、
最盛期突入宣言を例年より3週間遅れで発令させていただきます。

46172562_2040785206207323_163127986093031424_n.jpg


例年だと11月20日過ぎ頃から深場に移動し始めますが、今年は水温も高めでまさにこれからが本番です。
秋のマガレイはとにかく旨い。 この感じだと17日の大会はとんでもない釣果が期待出来そうですよ^^

まだ3名ほど空きがあります。豪華景品をご用意しておりますので、お気軽にご参加下さい。
普段とは違う感じの中での釣りは病みつきになるかもです^^
17:46  |  2018釣果  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.11.12 (Mon)

11月11日釣果

今日は、アキアジ五目のお客様の貸切でした。
仕掛けは胴付き仕掛けなので、アキアジがダメでもソイ・ガヤを狙えるし、風が強くなれば浅場のアキアジやマガレイを狙えばといいと思っていたのですが、思いのほか朝イチから強風と大雨で辛い状況に・・・

ガヤとソイを少々釣って、我慢できず浅場に避難もうねりが残り、カレイも船中20枚ほどと撃沈

来週の為に、マガレイとヒラメの調査で出船していた鷹羽船頭からヒラメは相変わらず絶好調との連絡があり、今のところ水曜日と土曜日にヒラメ釣りの予約が入っているので、一安心^^

マガレイは念のため、明日12日は底荒れの回復を願って休船し、火曜日から満を期して出船予定です。

良い返しの風が吹いているので、うねりも底荒れも解消するはずです。

アキアジは、広範囲で跳ねが見れるようになり、いよいよ本番ではないかと思っています。

絶好の風が続く今週は、マガレイ、ヒラメ、アキアジどれもお勧めです。

08:23  |  2018釣果  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.11.07 (Wed)

11月7日釣果

今日はヒラメ船とマガレイ船の2艘が出船しました。
マガレイ船はトータルで60枚位。

北東からのウネリで水温が低下し、活性が低めでした。

45614055_2037037083248802_10659189705670656_n.jpg 45506149_2037037049915472_4512079950102134784_n.jpg

御年84歳にのSさん、今日も元気に釣りを楽しんで下さいましたm(_ _)m 

ヒラメ船もマガレイ船同様に少し活性が低く、初めてのお客様は前半苦戦。

しかし、釣りのベテランはすぐにコツをつかみ。良型連発^^ 大物にラインを切られたのが残念。

初挑戦で50cmUpを4枚揃えたHさん お見事です。

IMG_20181107_121046_20181107162339.jpg

こちらもヒラメ初挑戦の同じくHさんも4枚ゲット 最大55cm

IMG_20181107_120958_20181107162349.jpg

噴火湾ヒラメのレコードホルダーWさんは余裕の竿頭&本日のBig1 59.5cm 60にもう一歩でした。

IMG_20181107_120741_20181107162422.jpg

あとはオイラも4枚釣らせてもらって船中18枚。今日は数は出ませんでしたが、小型は少なく、50cm前後の一番美味しいサイズが揃いました。

IMG_20181107_121058_20181107162334.jpg

IMG_20181107_120751_20181107162359.jpg




17:14  |  2018釣果  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.11.06 (Tue)

11月6日釣果

本日はマガレイ船1艘のみの出船でした。
詳しくは、ふた海屋FBにて

マガレイは完全に最盛期に突入。強いヤマセ(東寄りの風)のウネリやタマ風(北風)が吹くと、そのあと返しの西から南西の風が吹かないと喰い渋りますが、今週の天気を見ると木曜日の夜から金曜日にヤマセが吹きますが、週末すぐに返しの強い西寄りの風が吹くので回復も早く、来週も出船出来る日が多くなりそうです。

明日は、マガレイ船とヒラメ船2艘で出船します。 

ヒラメは毎回大物が上がり絶好調ですが、水温がもう少し下がるとベイトのイワシも居なくなるのでそれと共に南に下るはず。
マガレイはあと1か月、ヒラメはあと半月が勝負かな~。

暖かい秋の恩恵を受け、マガレイは年内釣れるようなら、まさに絶品のマガレイの刺身が堪能できるんですがね~^^

とにかく、刺身でも、煮ても、焼いても、揚げても絶品の秋マガレイ寒の入りのヒラメ。
今年の秋も日本酒がすすみます^^
20:32  |  2018釣果  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT