*All archives   *Admin

2017.06.28 (Wed)

6月27日釣果

今日は、少人数でしたが、午前午後の2便出船させていただきました。
昨日の朝イチの入れ食いを期待して、満潮前の時合に期待するも不発・・・

今年は、全体的に岸寄りが遅い感じです。第一陣二陣の群れは遊楽部沖の浅場に良い感じで入って来たのですが、その後フレッシュな群れが入ってこないのか?ソウハチが進化して賢くなったのか?ただ単に潮なのか?と最近は頭を悩ませています^^;

毎年こんな時期がシーズン中に一潮二潮あるので、絶対これが理由だなんて分からね~って開き直ってしまえば楽なのですが、やっぱり探求するのがオイラの仕事です。

釣果的には、

DSC_0694.jpg DSC_0693.jpg

DSC_0684.jpg DSC_0685.jpg

こんな感じで、クーラーから溢れる程は釣れませんが、一夜干しかっかうにすればウン万円コースの釣果

でも人間の欲は飽き足らず、どうしても針数、落とせば喰う何でも喰う、ホント、ソウハチって進化しないな~なんて軽口叩きながら300、400って釣った経験のある人にとってはどうしても物足りないですよね^^;

オイラも同感です。

その日その日出来る事をやり尽くすのが最低限の仕事と、今日も上村船頭、オイラからのプレッシャーとお客様からの優しいプレッシャーの中、奮闘。

DSC_0688.jpg

DSC_0686.jpg

DSC_0683.jpg

DSC_0680.jpg

DSC_0679.jpg

DSC_0677.jpg

40歳を超えて、新しい仕事にチャレンジ、1年少々でホントに逞しくなりました。これも皆様のおかげです。
本当に感謝しておりますm(_ _)m

ただ、これで良いと勘違いした瞬間から、急降下していく事は今まで何度もオイラ自身経験済。ましてや自然相手の仕事です。

今年のソウハチは、今のところ大爆釣の日は少なく、1日中釣れ続くような日はほとんど有りません。潮に大きく左右されています。

一番の原因は、昨年から八雲に岸寄りするソウハチの数自体が少し減ってきているのかもしれません。昨年も全体的にはイマイチで、不調の原因は長引いたヤマセのウネリと濁りのせいだと判断していたのですが、今年は絶好の風の日が多く、ヤマセが少ないのに昨年と同じような動きで、深場の方が魚影が濃い感じです。

それから、潮廻りで考えると、例年旧暦の6月20日でソウハチが産卵態勢に入り、旧暦の6月25日でバッタリ木っ端ソウハチ以外は釣れなくなります。

ソウハチは産卵が終わると逃げるように深場に入っていくのでは思っています。

旧暦の潮廻りが、海を大きく支配しているのは間違いない所ですが、それに水温や海流、八雲ではヤマセのウネリを考慮して、いろいろ推測していくのですが、今年はソウハチの産卵の分岐点になる旧暦の6月20日は太陽暦でみると8月11日(山の日)になります。

それが、今年は8月の初めまでソウハチが釣れると思うと言い続けてきた大きな理由です。

創業した2009年の旧暦6月20日は太陽暦で8月10日、7月後半から大爆釣した2012年は8月7日日今年はそれらの年よりまだ遅い8月11日。

これを基準に考えて大きく間違っていたことは無いので、もしかしたら今年はこれからが本番!?なんて考えています。
実際、抱卵状態もまだまだ。
産卵前の荒食いに入ると、捌くとき頭を落としたら、卵が押し出されてくる位大きくなるのですが、そんな感じは全くなし。

ソウハチ釣りはこれから一山も二山もあるハズです^^v

そして、今日も

DSC_0676.jpg

いいな~いいな~^^

※一昨日に募集を開始した北海道船釣り選手権 知内大会ですが、半数位が埋まってきましたので、お早目のご応募をお待ちしております。是非これから美味しくなる真子ガレイを楽しんで下さい。
初めての方でも大丈夫。マガレイ釣りの経験がある方なら、何とかなります^^

詳しくは、北鰈会ブログにて

http://hokucyoukai2012.blog.fc2.com/

05:58  |  2017釣果  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP |